原子力発電の必要性


原子力発電の必要性なぜ原子力発電が必要か考える

発電エネルギーの割合

30.5%が原子力に依存している現状です。


原子力発電は
というメリットがあります。

それに代わるエネルギーは今のところありません。

現状、原子力発電に頼らざるえません。

他のエネルギーは代替手段になりうるか?

水力発電→すでに発電できる山・川が開発され、また仮に新しく作るとしても生態系に影響が出る。

石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料→発電以外の用途でも使われるため、50年後には無くなる可能性も。
世界情勢で価格が安定しない。
二酸化炭素を大量に排出する。

太陽光発電→気候に左右される。
一戸建て住宅に設置する場合、約200万円が必要。

風力発電→気候に左右される。風が強いと発電機が壊れることもある。

メルマガ配信中!
パソコンからでも
携帯からでも
こちらから

空メールで登録

▲ページ先頭へ
公民TOPへ
TOPPAGEへ戻る

Copyright(C)
教科書が教えないこと
All Rights Reserved