君が代の歌詞


君が代は
千代に八千代に
さざれ石の
巌(いわお)となりて
苔(こけ)のむすまで


今の言葉、口語にするとにすると

汝(なんじ)の治世が幸せな数千年であるように
われらが主よ、治めつづけたまえ、今は小石であるものが
時代を経て、あつまりて大いなる岩となり
神さびたその側面に苔が生える日まで

君が代の「君」は天皇のことであり、
天皇の治世が幸せな数千年であったように
これからの長い年月も国民が幸せでありますように

天皇陛下のご長寿

を願う歌です。

メルマガ配信中!
パソコンからでも
携帯からでも
こちらから

空メールで登録

▲ページ先頭へ
国歌・君が代
公民TOPへ
TOPPAGEへ戻る

Copyright(C)
教科書が教えないこと
All Rights Reserved