第二次大戦の日本への評価


第二次大戦は日本は悪とされていますが、世界はどう評価しているのでしょう?

アメリカ
マッカーサ
(日本には)石油が無い、スズが無い、綿が無い、ゴムもない。その供給をすべて絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。

イギリス歴史学者
トインビー
第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したと言わねばならない。
その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。

中華民国顧問
ラティモア
日本が立派にやり遂げたことは欧米の植民地帝国を完全に破壊したことである。

インド初代首相
ネール
彼ら(日本)は謝罪を必要とすることなど我々にはしていない

インド弁護士会会長
デザイ
インドの独立は日本のおかげで30年早まった。
この恩は忘れてはならない。

タイ首相
プラモード
日本のおかげでアジアは独立できました
日本というお母さんは母体を壊してまでもアジア諸国という子どもを産んでくれました
今日、アジア諸国が欧米と対等に話ができるのはだれのおかげか
それは自らを殺して産んでくれた日本というお母さんがあったからだ

そのほかの評価もあります
Youtube動画
第二次大戦名言集(日本)

日本はアジアを欧米の劣悪な植民地支配から解放したというような評価が多いです。



メルマガ配信中!
パソコンからでも
携帯からでも
こちらから

空メールで登録

▲ページ先頭へ
歴史TOPへ
TOPPAGEへ戻る

Copyright(C)
教科書が教えないこと
All Rights Reserved