日韓併合


日韓併合は日本が朝鮮半島(当時・大韓帝国)を強制的に併合し、植民地支配をしたとされていますが本当でしょうか?

日韓併合以前の朝鮮半島は中国の属国でした。
国家主権も認められていませんでした。

日清戦争で日本が勝利し清国に朝鮮が独立国であることを下関条約で認めさせました。
独立をしたものの大韓帝国は国家運営ができず破たんします。

そして、1910年8月22日日韓併合となりました。

植民地支配と言われますが、欧米がアジア・アフリカでやったような搾取するだけの「植民地支配」ではありません。

日本の統治は、鉄道、道路、ダムなどのインフラ整備。ハングル文字の普及で識字率が上がり、衛生状態の改善をし、人口も平均寿命も伸びました。


メルマガ配信中!
パソコンからでも
携帯からでも
こちらから

空メールで登録

▲ページ先頭へ
歴史TOPへ
TOPPAGEへ戻る

Copyright(C)
教科書が教えないこと
All Rights Reserved