週刊現代8月11日号についての声明文


7月22日に行ったいじめ撲滅・教育勅語復活・日教組を許さないデモの趣旨は以下の通りである。

「いじめ」というものをを許さない。
「いじめ」が起こる理由は道徳の欠如と考えている。
そのためには、教育勅語をもとにした正しい道徳教育が必要と考えている。
道徳を崩壊させた原因のひとつが日教組や全教の教育である。

週刊現代8月11日号において
「いじめたヤツをいじめる、この国よ」の見出しが書かれており
大津における加害少年を許さないことには変わりないが
実名や顔写真を晒したりすることを目的としたり
ネットにおける「祭り」として行なっているものではない。

また22日のデモは今回のいじめに乗じただけの運動ではなく
教科書が教えないことでは
以前から、教育勅語の勉強会や
教育勅語復活・日教組解体デモを
過去に2回ずつ行なっており、

8月25日には今回のいじめを問題提起とした
地域における道徳の勉強会を行う予定であり

以前からも、そして、将来も、恒久的に取り組んでいるテーマである。

そして7月14日に行われたお散歩会と同列に扱われていると
読者によって解釈されるおそれがある記述があり

私達の22日のデモは大阪府警の集団示威行進の許可に基づき
主催者が教科書が教えないこと、および、現代撫子倶楽部、
責任者が北村義臣と本名で明確に記載しているものであること、

加害少年の顔写真や名前などが書かれたプラカードの
持ち込みを禁止しているもので

14日のお散歩会と我々のデモは趣旨も目的の主催者も別物である。

教科書が教えないことでは、今後も
教育勅語をもとにした道徳に取り組み
責任ある社会運動を展開することをここに表明する。

平成24年7月30日
教科書が教えないこと・管理人
http://kyokasho.info/
国を支える保守の会・副代表
http://ameblo.jp/sasaeyou-1192nippon/
北村義臣

週刊現代の記者およびデスクと
電話で少し話をしましたが

週刊現代としては14日のお散歩会とは別物のつもりでの記載でしたが
明確に別物と記載されなかったのは

行数などの
「紙面の関係上」

とのことでした。
ということでこのような声明を出させて頂きました。

週刊現代8月11日号について
現代撫子倶楽部・Jellyさんのブログ
週刊現代にインタビューが載りましたが・・・


▲ページ先頭へ
TOPPAGEへ戻る

Copyright(C)
教科書が教えないこと
All Rights Reserved